糖尿病の原因は、以下の2つに分けることができるでしょう。 ・遺伝因子 ・環境因子 知らない人も多いかもしれませんが、糖尿病は遺伝します。 両親が糖尿病の場合には、その子供も糖尿病になってしまう可能性があるのです。 ただ、あくまでも可能性なので、両親が糖尿病だからといって、その子供も絶対になるという訳ではありません。 環境因子とは、生活習慣のことです。 生活習慣が乱れていると、糖尿病になる可能性が非常に高くなります。 例えば、栄養バランスの悪い食事、暴飲暴食、肥満、運動不足、過度なストレス、喫煙などは、糖尿病を発症させる原因になるでしょう。 欧米寄りの食生活に変わってきたこともあり、脂肪の多い食べ物を口にする機会が増えていますが、そのような食事をずっと続けていると糖尿病になってしまいます。 また、野菜をあまり食べないのも、糖尿病を引き起こす要因の1つです。 だらしない生活をしていると糖尿病を発病するリスクが高くなってしまうので、手遅れにならないうちに生活習慣を見直してみてください。